ファイターズの新球場の名称は「エスコンフィールド北海道」に!!

北海道日本ハムファイターズが北広島市に建設を予定している新球場のネーミングが「エスコンフィールド北海道(ES CON FIELD HOKKAIDO)」となることが決まった。またボールパーク全体の名称は「北海道ボールパークFビレッジ」となる予定だそうだ。


不動産会社の日本エスコン社がネーミングライツを獲得。正確な数字はわからないが、契約は10年超で金額は50億円超という長期間の大型契約となっているという。


日本エスコンはホテル開発や商業施設開発に実績のある会社だそうで、今後はボールパークのさまざまな施設の開発に携わることになりそう。今回の契約は単なるネーミングだけではなく、パートナーとして共にボールパークを創り上げていこうという意味合いが強いといえる。


それにしてもまだオープンが3年後という段階での大型契約は異例である。しばらくは新球場で試合をすることはないため宣伝効果は薄い。それでもお金を出す価値があると判断された訳で、やはり将来のビジョンがしっかりしていて夢がある計画には、賛同する人もたくさんついてくるものなのだろう。


以前にネーミングライツの募集をしながら結局買い手がつかなかった札幌ドームとは雲泥の差である。あらためて北広島への移転の決断は大正解であったと思う。3年後の新球場完成が今から楽しみである。