球春到来!!2020年のファイターズが始動、キャンプ入り

清宮はいきなり柵越え連発


いよいよ今年も野球のシーズンが到来した。2月1日、各球団はキャンプ初日を迎えた。ファイターズは1軍が沖縄県名護市のタピックスタジアム名護で、2軍が同じ沖縄県の国頭村でキャンプをスタートした。


初日で目立ったのは2軍の清宮幸太郎だった。フリー打撃で51スイング中、柵越えを17本放った。さらにその中の8本が場外弾だったという、驚くべき怪物ぶりである。


昨年秋に手術を受けてリハビリ明けの選手とは思えない豪快な打撃で、今季こそは大ブレークしてくれるのではないかという期待が高まってきた。ただしこれまでは度々ケガに泣かされ戦線離脱を余儀なくされ、ファンの期待に応えられなかった。あまり無理することなく、着実にレベルアップしていってほしい。


1軍のほうも全体的に活気があり、充実感のある練習が行われていたようだ。やはり小笠原コーチの存在は大きく、いい緊張感の中、質の高い練習ができているのではないだろうか。


キャプテンの座を西川に譲った中田翔は肩の荷が下りたのかリラックスした表情ながらも、静かな闘志を感じさせた。今季は大田も4番の座を狙っているが、まだまだ譲る気はないはず。今季の中田は一味違う活躍を見せてくれそうだ。


昨年は5位に終わったファイターズ。それほど大きな補強はなかっただけに、現有戦力の底上げでチーム力を高めていってほしい。