久保建英が今季3点目!来季はレアル・ソシエダでプレーか?

好調の久保建英がまたもゴール!第27節のアウェー・エイバル戦で久保が決勝点を挙げ、マジョルカの2-1勝利に大きく貢献した。


マジョルカはこの勝利で今季7勝目、アウェーではようやく初勝利となった。これで通算成績を7勝4分16敗の勝ち点25とし、順位は現在20チーム中18位。残留圏内の17位に勝ち点1差と迫る貴重な白星となった。


このゴールには久保らしさがあふれていた。相手のディフェンスが前にいる状況であったが、一瞬のフェイントでシュートコースを作り、右足一閃。決して威力のあるシュートではなかったが、ゴール左隅に突き刺さる絶妙なコントロールで相手GKとしては非常に取りにくいものであった。この辺りのシュートの上手さは流石である。


これで今季3点目。まだ18歳の日本人選手が当たり前のようにスペインで活躍している事実には改めて驚かされる。今まで見たことないようなレベルの選手である。これからどこまで成長するのか本当に楽しみである。


一方、この試合で残念だったのが対戦相手のエイバルに所属している乾がベンチ外で、日本人対決が実現しなかったこと。今季の乾はそれなりに活躍していてチームに貢献しているようにも思えたが、まだ絶対的な信頼を得るまでには至っていないようだ。


エイバルも現在16位と残留争いの真っただ中。乾が再びレギュラーの座を取り戻して、チームを救う活躍をしてほしい。


久保建英、来季はソシエダでプレーも?


3ゴール目を挙げた久保建英だが、来季は同じスペイン1部のレアル・ソシエダにレンタルされるという案が浮上しているようだ。たしかにレアル・マドリードは選手層があまりにも厚く、現時点で試合に出るのは困難。レンタルで別チームでプレーするというのは現実的な選択肢の一つだろう。


レアル・ソシエダはスペイン1部で昨季9位、今季はここまで6位につけているチーム。マジョルカよりは間違いなく格上であり、久保本人にとってはステップアップの場として絶好のクラブである。


さらなる成長の場としてレアル・ソシエダへの移籍は実現するのか。久保建英が来季どこでプレーするのか注目していきたい。