森保監督が五輪代表との兼任を解除し、A代表に専念か?

現在、日本のA代表とU-23代表の監督を兼任している森保一監督。だがここに来て兼任を解除するというプランが浮上しているようだ。


今回検討されているプランは五輪代表のほうを別の監督と交代し、森保監督はA代表に専念する、というもの。これは今年予定されている東京五輪が1年延期することが濃厚となったことが大きな理由なのだという。


五輪が来年に開催されるとなると大事なW杯アジア最終予選と五輪への準備期間が日程的にかぶることになり、両方を指揮することが非常に困難になるためとのことだ。


U-23代表の後任監督候補が誰になるのかはわからないが、せっかく地元で行われるビッグイベントである。有能な監督を連れてきてもらって、日本の若い選手の実力を最大限に引き出せるような采配をお願いしたい。


すでに破綻していた?方向性見えなかった兼任監督


さて、今回のプランは五輪の延期が濃厚になったことから浮上したアイディアではあるが、それ以前の問題として、そもそも2つのチームを兼任するということのメリットが森保ジャパンからは全く感じられなかった。実質的には森保ジャパンはとっくに破綻していたのではないだろうか。


そもそも兼任というのはU-23で若い選手にさまざまな経験を積ませたり、あるいは監督の戦術を徹底的に教え込んで、それをA代表のほうに活かすのが狙いである。つまり兼任とはA代表を強化するための一つの有力な手段なのである。


過去の日本代表でいうとトルシエジャパンが典型的な成功例である。当時の五輪世代には中田、中村、小野、稲本、高原、柳沢といった圧倒的な才能を持つ若手が数多くいた。


そういった選手たちにU-23で様々な経験を積ませて成長させ、それをA代表の強化へと上手く繋げていった。その成果が2002年の日韓W杯でのベスト16進出という形で実を結んだのである。


だが今の森保ジャパンは兼任のメリットを全く活かせなかった。


具体的にいうと、A代表とU-23で統一された戦術がほとんどない。フォーメーションもA代表が4バックでU-23が3バックといった具合に全く異なる布陣で戦っており、選手も適応するのに苦労している様子であった。


そのため片方の代表でせっかく得た経験をもう片方に還元できない状況が続き、結果的にチーム力の上積みが全く見られなかった。


兼任のメリットを活かせないまま迷走を重ねた森保ジャパン。その結果が1月に行われたU-23アジア選手権での惨敗である。


このまま五輪に臨んでも勝つチャンスは全くなかっただろう。そういった意味では今回の五輪の延期はU-23代表にとってはある意味幸運だったと言えるかもしれない。新監督にはしっかりとした準備をしていいチームを作ってもらいたい。